飲み会に「合コン」というワードが付くだけで、積極的に行動できるようになります。

たまにメディアで取り上げられている合コン特集を見ますと、こんなにも進化しているのか、と驚いてしまいます。
私の独身時代は、まだこの言葉自体が存在しておらず、異性と一緒に飲み会を開くことが、これにあたるものでした。
内心は出会いを求めてということで出席しているのですが、飲み会という表立った目的で集まっているため、露骨にアピールすることも恥ずかしく、なかなかチャンスに恵まれなかったと記憶しています。
これに対して、やっている事はほとんど変わらないのに、合コンというワードで飲み会を開けば、そこに遠慮は必要なくなります。
もちろん相手への気遣い、マナーを遵守する必要がありますが、出会いを求めることを恥ずかしく思わないで良い分、積極的に行動できるはずです。
また、私も知らなかった合コンの形が、ここ最近たくさん誕生しているようです。
街をあげての出会いの場や、趣味や興味のある事をテーマにした出会いの場を設けるなど、こうしたイベント内容は、気楽に参加できる敷居の低さと、気取らない相手の様子を見ることができるため、より相手の本質を窺うことができるのではないでしょうか。

Valuable information

口コミ評判でオススメの不動産投資セミナーBEST5!【東京編】

2018/5/22 更新